アメリカの交通ルールは?信号機は青でも歩行者優先とは限らない?

スポンサーリンク

海外では日本では当たり前だったことも、全然違うことがあるのは当然国が違うので普通にあります。

交通ルールも、もちろん国によって違います。

 

例えば、アメリカのカリフォルニアは車社会です。

自分が今住んでいるオレンジカウンティ も、ロサンゼルスやサンディエゴなどの有名な場所も、日本の東京とは違って車がないと生活しにくいです。

 

なぜならば、全てのお店が遠いからです。

車でなければ、当然徒歩か自転車になります。

 

しかし、アメリカでは、日本のように歩行者優先や自転車優先が当たり前とは思わないようにしましょう。

 

自分が気をつけていても、向こうもいつも気をつけているとは限りません。

今回は、アメリカ交通ルールにおいて、Toruが実際に住んで経験してわかった、信号機が青を示していても常に自転車や歩行者優先ではないということについて書いていきたいと思います。

アメリカ交通ルールは常に歩行者や自転車優先ではない

冒頭でも述べましたが、アメリカのカリフォルニアは基本車社会です。

 

そして、Toruの経験上、自動車に乗っている人たちは、歩行者や自転車に乗っている人たちも自動車に乗っている人たちと同じレベルで見ていると思います。

つまり、歩行者や自転車に乗っているからといって、いつも道をゆずってもらえるということはないです。

 

それは、たとえ歩行者や自転車の信号機が青色を示していたとしてもです。

アメリカ、カリフォルニアの交通ルールでは、自動車は信号機が赤を示していても右折してもいいんです。

 

日本で言うところの信号機が赤色で点滅している状態と同じですね。

また日本と走行方向が逆なので、日本では左折の意味合いになります。

 

そのため、あなたが歩行者や自転車に乗っている場合は、信号機が青を示していたとしても、右折しようとしている車がいないかどうかを確認するようにしましょう。

自転車での移動は慣れるまで大変

アメリカ、カリフォルニアでは、地元の歩行者や自転車に乗っている人たちは、車社会に慣れています。

そのため、逆に車に道を譲ることもあります。

 

自分はこのアメリカ、カリフォルニアの交通事情になれるまで時間がかかりました。

なぜなら日本では、歩行者優先なのが当たり前だったからです。

 

信号機も日本では青色だったら、確認しなくてもすいすい車も運転できるし、安心して横断歩道を歩いて渡ることもできていました。

基本的に歩行者優先ですよね。

 

しかし国が違えば、交通ルールももちろん違います。

 

最初は、自転車にのってどこかに行くのが少し苦手でした。

 

自転車は、基本的には歩道ではなく、車道、もしくは車道の横の細いラインを走るようになっています。

実際には、歩行者が歩く歩道を自転車でこいでいる人が多いです。

車に乗っている人とコミュニケーションを取ろう

運転手と歩行者のコミュニケーション

実際に車社会のカリフォルニアにしばらく住んでわかったのが、自動車に乗っている人たちは、歩行者も自転車も同じレベルで見ているということです。

 

実際にアメリカ人の友人の運転する車に乗っていると、車の運転手は、歩行者や自転車も運転手と同じレベルで意識しているということがわかります。

つまり、歩行者や自転車だからといって、いつも優先ではないということです。

 

そのため、自転車に乗っている人や歩行者は、自動車とどっちかが道を譲らなければならない場面に遭遇した場合は、ドライバーの人の顔を見てコミュニケーションをとってください。

 

例えば、自転車で進もうとしているときに、横から車が出てくるのが見えた場合は、停止するのが最も安全でしょう。

なぜなら、ドライバーは、車の動きを基本的に見ていますので、歩行者や自転車がすぐそばにいることに気づいていない人もいるからです。

 

停止したらドライバーの顔を見てコミュニケーションを取りましょう。

譲ってくれる人は、「先にいっていいよ」と示すジェスチャーをしてくれます。

 

もしくは、車をバックして、道を譲るという意思表示を見せてくれる人もいます。

そうでない限りは、必ず車に道を譲るのがいいでしょう。

 

そして、譲ってもらったら、運転手に向かってスマイルで「譲ってくれて、ありがとう」というジェスチャーをするのがいいでしょう。

Thank youと言っているのが聞こえなくても、気持ちは伝わるはずです。

 

譲ってくれそうにないとき、自分が譲りたい場合には、自分が譲るという合図を相手に送りましょう。

そうやってコミュニケーションを取ることによって、自転車に乗るのもそんなに苦手ではなくなりました。

 

アメリカに住んでいて、大変だなと思うことは全部自分を成長させてくれたり、視野を広めてくれる絶好の機会だと思います。

このカリフォルニアの交通ルール事情についても、まさかこんなに自分が慣れることができるとは思っていませんでした。

 

人間やればなんでもできると思います。

まとめ

今回は、アメリカの交通ルールは信号機が青であっても、常に自転車や歩行者優先というわけではないので気をつけて欲しいということでまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

これからアメリカ生活を始める方や、旅行に行かれる方は、日本とは違う交通ルールに気をつけてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です