海外と日本のコンビニの違いは?トイレや弁当や菓子パンはある?

スポンサーリンク

日本にはコンビニエンスストアがいたるところにあります。

さらに、東京であれば歩いて行ける距離にたいていコンビニがあります。

東京だけでなく、地方であってもコンビニはたくさんありますね。

 

海外にももちろんコンビニはありますが、やっぱり日本のコンビニとは全然違います。

 

そこで今回の記事では、海外と日本のコンビニの違いについてということで、海外のコンビニにはいつでも使わせてもらえるトイレや、弁当や菓子パンは置いてあるのかどうかということについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

日本のコンビニにはトイレが大抵ある

日本のコンビニには大抵トイレがありますよね。

街を歩いていてトイレにいきたくなった時は、コンビニに寄るのが当たり前でした。

もちろん100%トイレがあるのかといわれると、ないところもあります。

 

でもほとんどのコンビニには、トイレがありますよね。

日本ではトイレがないコンビニは少ないです。

そして、自由に使っていいですよね。

日本のコンビニの寛大さには本当に感動します。

 

コンビニだけでなく、マクドナルドなどのファーストフード店にもトイレはほぼ必ずありますね。

トイレが必要になった時、たいてい近くにあるコンビニのトイレは特に役に立ちます。

 

また、トイレを使いついでに何か買ってしまったりもするんですよね。

日本のコンビニには、便利なものや美味しい食べ物ががたくさん売っていますからね。

海外のコンビニはトイレがないことが多かった

これが海外だとどうでしょう。

海外ではコンビニにトイレがないところが多かったです。

この違いはびっくりしました。

じゃあ店員さんは、どこのトイレを使用しているのだろう、と思いました。

 

Toruの経験上では、アメリカ、カナダ、オーストラリア、どの国も日本のようにトイレがあるところは少なかったですね。

 

例えばアメリカを例にあげると、トイレが使用可能な場合、店員さんに鍵をもらうか、キーコードを教えてもらって、ドアにあるキーコードマシンにキーコードを入れて開ける、というトイレが多いです。

 

また、お客さんのみ利用可能、というサインがよくはってあります。

やっぱりとにかくトイレが必要で、トイレを利用しようと入って来た人も、扉をあけようとするとだれもいないのにロックがかかっていて、くやしそうに引き返していく人を見たことがあります。

 

このように、アメリカや海外ではトイレくらい使わせてもらって当たり前ではないんですよね。

トイレ使うなら、お店で何か買ってお金を使ってください、というスタンスのようです。

スタバのトイレも、鍵がかかっていることがよくあります。

日本はお客さんが並ぶとレジを優先してくれる

日本のコンビニの店員さんは本当に優しいというか、これこそ日本のサービスと言えるところの一つに、お客さんが並んでレジの順番待ちの人がいると、ヘルプの店員さんをレジの人が読んでくれることが多いです。

 

レジに応援呼びベルみたいなものがあったりして、それを押すと陳列作業をしている店員さんがレジの対応をしてくれます。

「次でお待ちの方どうぞ!」といって空いたレジに案内してくれますよね。

これにより、レジ待ちの時間が短くなったりします。

 

これが海外だとどうでしょう。

自分のアメリカでの体験談からいうと、Toruがレジの目の前にいたとしても、店員さんがやる仕事が最優先で、お客さんが待っていてもあまり気にしていない様子です。

 

そして、たとえ応援でたまたまレジの人が増えても、「次でお待ちの方どうぞ」みたいなガイドはないです。

たまたま近くにいた人がそのレジをゲットできたり、むしろ、こっちが店員さんの動きを読まなければならないことが多かったです。

海外のコンビニでは菓子パンや弁当は売っていない

日本のコンビニの便利なところの一つに、弁当や、おいしい菓子パンが売っているという点がありますよね。

日本の菓子パンは、いろんな味があって美味しいです。

 

また、お弁当は、一人暮らしをしている社会人などにとってはとても便利ですよね。

毎日料理する時間がなかったとしても、コンビニに行けばお弁当が売っているので、レンジで温めれば、すぐに食べることができます。

 

海外のコンビニでは、お弁当や日本のようなおいしい菓子パンは売っていないようです。

そもそも、コンビニの数も日本のようには多くないですね。

 

お弁当や菓子パンは、日本のものを専門に売っているジャパニーズスーパーマーケットなどに置いてあります。

また、海外のコンビニには、日本のコンビニに売られているような、日本のお菓子やプリンなども売っていません。

まとめ

今回は日本と海外(英語圏)のコンビニの違いについて書いていきました。

海外に住んでいると、いかに日本が快適なサービスを提供しているかについて気がつくことができます。

 

しかし、海外に住んでいて不便だなと感じたり、日本でできていたことができなかったりすることは、人間を成長させてくれると思います。

海外のコンビニにもトイレがあれば、便利だと思いますが、日本とは文化や治安も違うので難しいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です