オーストラリアでワーホリでカフェで働いてみたら仕事が楽だった!

スポンサーリンク

Toruは、オーストラリアにワーホリで行ったことがあります。

そのときに、カフェで働いていました。

このカフェは、オーストラリアのローカルのカフェなのでオーナーはオーストラリア人です。

 

ワーホリで、ローカルのカフェで働く人っておそらく少ないと思います。

今回は、カフェで働いた経験で、仕事が楽だった事実について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ワーホリでローカルの仕事を見つけるのは難易度が高い

ワーホリでオーストラリアに行ったことがある人は知っていると思いますが、ワーホリの人がローカルの仕事を見つけるのは大変です。

 

そしてワーホリでオーストラリアに来ている日本人は、だいたいお金がないんですよね。(笑)

多くの人は、ギリギリの資金で来ています。

お金持ちの日本人は、だいたいオーストラリアの大学に通っています。

 

そしてワーホリで来ている人たちは、基本的には英語があまり得意ではありません。

そのため、語学学校にみんな最初は通います。

 

Toruも、英語が全然できませんでしたので、語学学校に通いました。

そしてだいたいワーホリの人たちは、レストランなどで働きます。

そこで、英語がまだ得意ではないので、日本食レストランで働く人が多いです。

 

でも、そういったジャパニーズレストランだと、時給がローカルのレストランやカフェに比べると安いです。

自分は、せっかくオーストラリアにきたので、オーストラリアの人たちと働いてみたかったので、がんばって履歴書を配り歩きました。

 

カフェやレストランに100枚以上は履歴書を配りました。

雇い主は常にすでに経験がある人を求めています。

 

自分はオーストラリアでカフェやレストランで働いた経験はなく、また英語も堪能ではありません。

そのため、当然のごとく断られ続けました。

でも、粘りつよく続けているとなんとか、一つのカフェで雇ってもらえました。

カフェで働いて思ったのは仕事が楽

そこはチョコレートショップのカフェでした。

カフェ

働きだして思ったのが、日本に比べて仕事が楽だということです。

 

もちろん、働くお店にもよると思います。

しかし、自分が働いていたチョコレートショップは、仕事がとても楽でした。

その理由としては、オーストラリアのワークスタイルを実践しているところだったので、日本のように仕事が厳しくなかったというのがあげられます。

 

オーストラリア人のマネージャーがいるのですが、典型的なオーストラリア人な感じのひとでした。

その人は、全然厳しくなかったです。

 

こんなに適当でいいのかな、と思ったりしていましたが、結構適当で大丈夫でした。(笑)

そして、マネージャーもとてもフレンドリーです。

友達のように接してくれます。

 

カフェの仕事中にはお昼休みが1時間交代でもらえます。

そのオーストラリア人のマネージャーは、お昼休みの間にタトゥー屋さんでタトゥーを入れて来ました。

仕事の休み時間にタトゥーを入れてしまうあたりが、オーストラリア人らしいと思いました。

 

きっとオーストラリアの人たちは、日本の人に比べると人生を楽しむことが上手な気がします。

 

仕事中ですが、チョコレートを食べてもいいですし、コーヒーを飲んでもいいです。

チョコレートショップなので、チョコレートが無料で食べ放題なんですよね。(笑)

ちなみに、そのチョコレートはかなり美味しかったです。

 

もちろん、常識の範囲ですが。^^;

日本だと仕事中に、無料でチョコレート食べたり、コーヒーを飲んだりできないですよね。

また、カフェ自体もそんな行列ができるほど忙しくもなかったです。

オーストラリア人は仕事も陽気でのんびりマイペース?

オーストラリア人の特徴といえば、陽気で割とのんびりマイペースだということがあげられるかもしれません。

 

実際自分がカフェで働いてみて、オーストラリア人の仕事ぶりをみてきましたが、確かに仕事ものんびりマイペースな感じでした。

 

日本のような高いクオリティーを求められないので、日本で仕事をしたことがある人にとっては、オーストラリアで働くと、仕事が楽だと感じると思います。

自分のオーストラリア人の友達も確かに、陽気でのんびりマイペースな人が多いですね。

 

これって、個人的には素晴らしい文化だと思います。

オーストラリアは、時給が高いのでとても恵まれた国だといえるのかもしれません。

時給が高い

オーストラリアは、基本的に時給が高いです。

今のオーストラリアのシドニーの最低賃金を調べてみると18.29ドルでした。

 

日本円に1ドル100円換算してみると、およそ1800円です。

これが最低賃金って、すごいと思います。

とはいえ、レストランなどではこれよりも安い賃金で人を雇っているところもたくさんあります。

 

例えば、ジャパニーズレストランだと日本と同じくらいの時給だったりします。

自分はレストランとカフェで働いていましたが、14ドルと18ドルでした。

 

しかもレストランは、チップももらえたので、日本にいる時よりもお金を稼ぐことができていました。

オーストラリアはチップを払わなくていいのですが、例えば高級レストランなどでは、お客さんがチップをくれるところもあるようです。

 

普通はウエイターでも、時給18ドルもらえるので、十分時給がいいのでチップを支払う必要もないと、オーストラリア人の友人が言っていました。

まとめ

今回は、Toruが実際にオーストラリアのカフェで働いた経験について、日本に比べると仕事が楽だったということについて書いていきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

実際にオーストラリアの普通の企業で働いている日本人の友人にも仕事は楽なのかどうか聞いてみましたが、日本に比べると楽だと言っていました。

 

これから海外で働きたいと思っているかたには、個人的にはオーストラリアがおすすめです。

理由は、日本に比べると楽で給料が高いからですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です